土地売却のポイント

自分の土地を高額で売却するにはどのようにするのがいいのでしょうか?売却のプロセスを行う前に自分の所有している土地についての相場を知っておくことが肝要です。土地の評価額は全国地価マップによって知ることができますし、実際の取引額の相場は国土交通省の「土地総合情報システム」で調べることが可能になります。また、土地の査定を依頼する場合には必ず複数の不動産屋にそれを依頼するようにするといいでしょう。査定サイトを利用するという方法も考えられます。

ネットサイト世の中には非常に多くの不動産屋がありますが、ネットサイトなどを見て、多くの人が利用をしていると言われている不動産屋を選んで査定の依頼をするようにするといいでしょう。また、土地の売却を行う場合には、実際に土地の様子を見ながら行うことになりますので、売却を考えているのであれば、土地の状態をできるだけ良いものにするような努力をした方が良いでしょう。例えば雑草をすべてなくしてしまうことやごみなどが全く無い状態にするというようなことをすると土地の査定においては有利に働くことになります。

意外なことに思うかもしれませんが、ちょっとしたお手入れをするだけで土地の査定額が大きく変わってくることが起こりえます。いうまでもありませんが、必要以上の費用はかけることはしなくても問題ありません。

〔関連リンク〕スマイスター:土地売却査定

不動産査定は妥当なのか

不動産の査定は妥当なのだろうかといつも思います。不動産を所有してからさまざまなダイレクトメールを受け取ってきましたが、このように売買物件を求めているのでしょうか。またダイレクトメールやちらしによって、売買会社を決める人がどのくらいになるのでしょうか。でもダイレクトメールやちらしがつねに配布されているのをみるとある程度のニーズはあるのでしょう。

またダイレクトメールを送付できるのは、大企業系列だけなので、余裕がある企業でないと送付できないのです。不動産の査定については、相場があるので、相場を大幅に超えた金額はありえないと思います。でも手数料収入により、利益を生む企業は、ある程度の在庫を抱える必要があります。在庫を持たなくても、売れる物件がすぐに何軒か提示できることは、強みになります。査定をするには、一定の物件を比較して妥当な金額を出す必要があります。その意味で査定をしてもらうには、大手の方がいいかもしれません。不動産の売買には安心感があるのが一番なので。

知っておきたい不動産査定方法

不動産を売却する際の査定方法や、売却のコツをいくつかご紹介します。まず不動産というのはほかの資産と違い、それぞれの個性が非常に強く、全く同じ査定になる土地は間違いなくありません。そのため、自分の所有している大事な不動産をどのようにひょうかしていくかがとても重要になってまいります。不動産の査定方法には、原価法、取引事例比較法、収益還元法という3つの方法があるのです

まず原価法というのは、その不動産の建設などに必要な費用をみて、そこから原価修正をして価格を決める方法です。二つ目の取引事例比較法というのは、自分の持っている不動産と条件の近い物件の取引事例から判断する方法です。この方法は同じ地域に、同じような不動産が多くある場合に、判断しやすい方法です。三つ目に収益還元法という比較の方法です。収益還元法は、その土地や建物を賃貸した場合に、収入として入ってくるであろう金額を予想し、それに着目して評価する方法です。所有している不動産によって適した評価方法がありますのでよく検討しましょう。