土地売価のオプション

土地売却を行う際に家も一緒に売却をするようなケースも出てきます。一軒家の時には20年以上の築年数が経過している場合には一軒家は価値が無いと判断されますので、土地だけを売却することになります。リフォームすれば新しい価値を見出すことができるような一軒屋であれば、そのまま売却してもいいでしょう。また、住宅ローンなども利用しやすくなりますので、売却にとって有利な条件となることも考えられます。

弁護士にも相談しかしながら、あまりにも古い一軒家の場合には、解体の費用がかかりますので、その分マイナス査定になってしまうことも考えられます。どちらの方が良いのかをあらかじめよく考えてから売却のプロセスを開始したほうがいいでしょう。場合によっては、更地にしてしまった方が長期的にはメリットがある場合もあります。

一方で土地売却後に一定の利益が出た場合には所得税を支払う義務が生じます。しかしながら、損失が出た場合には、所得税の支払い義務はありませんので、どのような手続きになるかをあらかじめ把握しておくことも必要です。場合によっては相続によって手に入れた土地を売却するようなケースもあります、この場合の手続きについては、不動産屋だけでなくて弁護士にも相談してみてもいいでしょう。